RECOMMEND
中国〈2006~2007年版〉
中国〈2006~2007年版〉 (JUGEMレビュー »)
「地球の歩き方」編集室
RECOMMEND
両親・本人披露宴のあいさつとマナー―心に残るスピーチができる!
両親・本人披露宴のあいさつとマナー―心に残るスピーチができる! (JUGEMレビュー »)
成美堂出版編集部
実はこの本丸暗記!
助かりました。
いろんなシチュエーション別に適切な文面。
マジでたすかりました。
RECOMMEND
はじめての海外旅行安心ガイド―いろんなしくみがひと目でわかる!
はじめての海外旅行安心ガイド―いろんなしくみがひと目でわかる! (JUGEMレビュー »)
池田書店旅行研究チーム
これ役立ちました。
旅行前に買った3冊中 NO.1

できたらこの一冊だけでok
最初からこの1冊でよかったです。
RECOMMEND
かしこい結婚準備ハッピーマニュアル―予算内でふたりらしい結婚式を実現!
かしこい結婚準備ハッピーマニュアル―予算内でふたりらしい結婚式を実現! (JUGEMレビュー »)
井本 佳実
必見!お役たち本!
予算に制限があるなら必見です。
RECOMMEND
結婚準備きちんとブック
結婚準備きちんとブック (JUGEMレビュー »)
ゼクシィ編集部

段取り8分ですよ。
結婚は計画的に!
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

僕たち男の子の結婚

30代男性の為の結婚情報。結婚までの準備・新郎挨拶(あいさつ)新婚旅行・その他・・情報を発信していきます。
---只今、男の悩み対策を更新中。---
広告が多すぎると・・・
0
    トップページに派手なバナー広告が

    いくつも貼り付けているサイトがありますが。

    まるで、都会のネオンサインのようで、

    見るからに広告って感じのサイトがあります。

    見た目はチカチカとバナーが点滅し、

    一瞬きれいな感じもありますが、

    そういうサイトに限ってコンテンツに合っていない

    インターネット広告ばかり掲載されていたり、

    コンテンツがしっかりしていない

    ことが多いのもよくある話です。



    ユーザーは基本的に数多くのウェブサイトを見ており、

    そういうサイトはトップページが表示された瞬間、

    「このサイトは広告のみ?必要なし」と即座に判断し、

    他のサイトを開こうとします。

    広告ありきでもいいのですが、

    コンテンツがないと、継続的なサイト訪問者を

    獲得することはできません。

    インターネット広告は

    しっかりしたコンテンツがあって、初めて効果が生まれるものです。

    特にアドセンス広告はサイト内のテキストデータを読み込んで、

    最適な広告を配信します。

    コンテンツが不十分では、

    適した広告を表示することは困難ですし、

    またクリック率が影響します。


    とにかく、

    インターネット広告を活用する場合は、

    コンテンツをしっかりさせることです。


    遠回りですが、収入を得るには、

    最も近道です。


    | グーグルアドセンス | 07:04 | - | - | - | - |
    広告周辺の余白は?
    0
      レイアウトや色彩のお話の次に、

      余白の上手な使い方について見ていきましょう。

      アドセンスの広告と、その周囲にあるコンテンツとの間にある

      余白はとった方が良いでしょう。

      本文テキストとアドセンス広告が近すぎる場合、

      訪問者の印象には、狭くて窮屈な感じを与えます。

      そして、クリックされる確率はかなり低くなるといえます。


      同じ素材でも、左右の余白を10ピクセル程度設定すると、

      それにより、広告周りに余白があることで、

      この適度なスペースがユーザーにクリックしやすい雰囲気

      与えることになるのです。

      そんな目で、人気サイトの広告を研究しても面白いかと思います。


      わかりやすいのは、今日の新聞を見てみましょう。

      新聞の見出しの周辺はどうなってるでしょうか?

      見出しがぎっちり詰まってました?


      余白スペースがありますよね。

      先ほどと同様に、こういった余白が読者に圧迫感を与えないための

      工夫なのです。

      同じく、雑誌などでも、紙面全体に紙面に余白がないことは、

      ほとんどありません。


      あなたが、会社でQC活動で、そのレポートを見る機会などがあれば、

      タイトルの付け方に自然と工夫している部分があると思います。


      サイト構築時の余白には、

      HTMLやCSSを覚えなければできませんが、

      初心者のうちから、余白の必要性を考えながら、

      見やすい(クリックされやすい)サイト構築が必要です。

      アドセンス広告設置の際は、

      余白を十分活用するように心がけましょう。


      | グーグルアドセンス | 07:25 | - | - | - | - |
      クリック率が上がる広告設置場所
      0
        サイトの本文テキストにアドセンス広告を溶け込ますというのは、

        実際に効果的な手法の1つとしてよく用いられている方法です。

        これは、ユーザーに対し、広告と認識させるのではなく、

        ページ内リンクの1つ(コンテンツの1つ)として

        認識してクリック率を上げるものです

        ただし、イメージ広告では効果がありませんので・・・



        通常、ウェブサイト上の広告というものは、

        明らかに別枠のスペースが確保されており、

        誰が見ても一目瞭然というものがほとんどです。


        広告をベタベタ貼って、

        どれがコンテンツなのかわからないというサイトも

        最近では少ないですが、以前は数多く見かけられました。


        基本的にそんなサイトは、あまり広告をクリックされないのです。


        例えば、ある1つの話題が終了したとします。

        そして、それに関連するテキスト広告がすぐ下に掲載されているとします。


        あるユーザーは、その広告に、

        必要としている情報がそこにあるのではないか!?

        という思いでクリックすることもあると思います。


        しかも、その話題がまだ続いているとしたら、

        パット見で、広告とは思わないユーザーも少なくありません。


        明らかに広告だと分かっている場合、

        人間やらしいもんで、

        クリックすることを敬遠するケースも多々ありますので、

        必要な情報を自然に提供できるような方法としては、

        非常にクリック率の上がる方法だといえます。


        さらに、コンテンツのテキストリンクが連続してある中で、

        その後にテキスト広告がつながっていると、

        何の疑いもなく、

        サイト内のリンクと思い込んで、クリックすることもあります。


        しかし、限度を超えたやり方は、

        規約違反になる可能性がありますので、

        程々にやることをお進めします。


        実際アドセンスから警告を受けるケースもありますので・・・


        | グーグルアドセンス | 09:13 | - | - | - | - |