RECOMMEND
中国〈2006~2007年版〉
中国〈2006~2007年版〉 (JUGEMレビュー »)
「地球の歩き方」編集室
RECOMMEND
両親・本人披露宴のあいさつとマナー―心に残るスピーチができる!
両親・本人披露宴のあいさつとマナー―心に残るスピーチができる! (JUGEMレビュー »)
成美堂出版編集部
実はこの本丸暗記!
助かりました。
いろんなシチュエーション別に適切な文面。
マジでたすかりました。
RECOMMEND
はじめての海外旅行安心ガイド―いろんなしくみがひと目でわかる!
はじめての海外旅行安心ガイド―いろんなしくみがひと目でわかる! (JUGEMレビュー »)
池田書店旅行研究チーム
これ役立ちました。
旅行前に買った3冊中 NO.1

できたらこの一冊だけでok
最初からこの1冊でよかったです。
RECOMMEND
かしこい結婚準備ハッピーマニュアル―予算内でふたりらしい結婚式を実現!
かしこい結婚準備ハッピーマニュアル―予算内でふたりらしい結婚式を実現! (JUGEMレビュー »)
井本 佳実
必見!お役たち本!
予算に制限があるなら必見です。
RECOMMEND
結婚準備きちんとブック
結婚準備きちんとブック (JUGEMレビュー »)
ゼクシィ編集部

段取り8分ですよ。
結婚は計画的に!
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

僕たち男の子の結婚

30代男性の為の結婚情報。結婚までの準備・新郎挨拶(あいさつ)新婚旅行・その他・・情報を発信していきます。
---只今、男の悩み対策を更新中。---
クリック率が上がる色彩
0
    他のアフィリエイトとではできないこととして、

    グーグルアドセンスでは広告の色が自分で決定できます。

    広告の色彩を 枠線、背景、タイトル、テキスト、URL

    となりますが、すべてが自分で決められます。

    したがって、独自の広告作成が可能で、

    その選択がクリック率に多大な影響を与えることになります。

    ではどんな色彩がクリック単価を上げる上でよいのか??

    基本は、サイトに使われている罫線・タイトル・リンクの色を、

    バランスをとりことが重要になってきます。

    基本は同系色です。

    色の淡いサイトに原色系を持ってきては、

    いかのも広告って印象をユーザーにあたえるので、

    良い色彩の組合せとはいえません。


    逆もしかりです。

    ある色を、一定期間サイトに設置クリック率を集計するのも、

    良い方法かもしれません。


    サイトの雰囲気によって、なぜ、そのサイトをそういった

    色彩にしたか(するか)は

    広告の色の選択の前に、

    どういう色がどのような印象を与えているのか、

    というところにも注目してみると、

    今あるサイトの印象を、全く違うサイトに変身させることも出来るかもしれません。

    色彩でユーザーの心理・印象、感情に変化が起こり、

    閲覧率やサイト内滞在時間にも差がでることも十分考えられます。


    実生活のなかでの、商品についても同様に、

    多くの検討が重ねられ、色の決定をしています。


    それだけ、色彩というのは、とても大事なものなのです。


    しかし、あまり悩みすぎてもいけませんので、

    どうしても色彩を決定できなければ、

    グーグルのデフォルト設定のパレットでアドセンス広告を

    作成してみましょう。



    | グーグルアドセンス | 11:45 | - | - | - | - |
    クリック率が上がる広告位置とレイアウト
    0
      インターネット広告をどこに配置すれば、

      一番クリック率があがるかは、とても気になるところです。

      普通、横書きでは、

      一番左上に視線が行き、右へに流れていきます。

      そして、右から左下に視線は流れます。

      その三角形部分が視覚的には一番見られる場所になります。

      なので、本来はページの左上が最も目立つので、

      そこに配置するとクリック率は上がります。

      しかし、集客力のあるサイトでは右側に配置しているケースが

      多くなっています。

      (ヤフーやその他多くのサイトは、右に広告が設置されています)

      これは、広告へのクリック率を上げることが目的ではなく、

      一番目が行くところにメニューや、

      ナビゲーションバーなどを配置し、広告中心に見るのではなく、

      サイト本来の目的であるコンテンツを見てもらう、

      という考え方がメインになっているからです。


      目立つ左側に広告を配置してもいいのですが、

      そのようなページを想像してみると、

      それだけで訪問者は広告を強制的に見せられてる印象を、

      そのサイトに抱いてしまいます。

      特にイメージ広告(バナー)は、特にサイトに対する印象が悪くなります。

      しかし、テキスト広告は、左側に配置をしたとしても、本文テキストと一体感もあり、全体として違和感はありません。

      したがって、

      左側の広告はクリック率が高く、

      縦長にすることが基本といえます。


      | グーグルアドセンス | 06:25 | - | - | - | - |
      アドセンスを日本円報酬で アドセンス公式ブログ
      0
        2009年9月9日からアドセンスの日本円表示が可能のなりました。


        ドル表示だと何か問題があるか?

        ⇒報酬の受け取り金額わかりにくい。

        この一言につきます。


        アドセンスの報酬を日本円で受け取っていた場合、

        ドル表示だと、日本円への換算が必要です。

        しかも、報酬が発生した日は前日の為替レートで、

        毎日計算されるため、

        今現在の日本円報酬が分かりにくいものでいした。

        この部分が改善されて、

        今現在の日本円換算後の報酬金額で表示されるようになります。


        (参考)アドセンス公式ブログ
        http://adsense-ja.blogspot.com/2009/09/blog-post_5432.html

        公式ブログは規約変更や、

        最新アドセンス情報がアップされますので、

        チェックしておくことをお進めします。

        また、メルアドを登録しておくと、

        更新通知のメールが来るサービスも

        上記URLページ内に案内があります。




        | グーグルアドセンス | 09:44 | - | - | - | - |